ダービースタリオン(ダビスタスマホ) 競走馬の故障・アクシデント

ダビスタスマホ 競走馬の故障・アクシデント

【完全無料!唯一無二の高額配当3連単】

一撃帝王

>>>くわしくはこちら<<<

競走馬の故障・アクシデント

ダービースタリオン(ダビスタスマホ)にて、無理な調教や出馬を続けていると、疲労が蓄積されて故障する可能性が高くなります。できれば避けて通りたいものが、発生したら的確に対処していきましょう。

 

競走馬にとっては命取りになりかねない

競走馬故障

 

競走馬にとって最もこわい事はケガです。

 

ケガの発生する確率は、持って生まれた体質も関連するが、ハード調教や連闘など、馬に負担をかける方が大きな原因となっている。

 

脚部不安を抱えた馬でも、うまく調教してローテーションを組めば十分に競走馬として使えるのだ。

 

調教師のコメントから馬の状態を判断して、疲れがたまってるようなら放牧に出してしまうのも手です。

 

故障・アクシデントの種類

故障とアクシデントの種類を紹介していきます。

 

骨折

脚の骨折が折れてしまう。完治までには軽いもので3か月くらい、重傷だと1年以上かかる。

 

ソエ

すねに当たる箇所にコブができる。3~4歳時にしか発生せず全治には1~4か月かかる。

 

屈腱炎

屈腱と呼ばれる部分に炎症を起こす。2~6か月で治療できるが完治しにくく再発するケースが多い。

 

予後不良

競走中止後、故障が重傷で治る見込みがない場合に取られる処置。馬を安楽死させる。

 

競走中止

レース中に骨折等の故障が発生して、競争を中止すること。

 

ハ行

脚を引きずって普通にあるけない状態。ケガの中では軽症の部類で全治には2~8週間程。

 

タイムオーバー

レースで1着の馬から24馬身以上離されること。タイムオーバーになると1か月間レースに出走できなくなる。

 

死亡

歳をとって衰えてくると馬は死亡する。20歳まで生きる馬はまれだ。

【3回に1回 3連単が当たるデータを配信中】

ダビスタスマホ 競走馬の故障・アクシデント

>>くわしくはこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ