ダービースタリオンマスターズ(ダビマス) 競走馬の早熟・晩成の調教法

ダビマス 早熟・晩成の調教法

【完全無料!唯一無二の高額配当3連単】

一撃帝王

>>>くわしくはこちら<<<

早熟・晩成を考慮に入れよう!

ダービースタリオンマスターズ(ダビマス)では、馬の特性に合った調教をするのは基本中の基本です。

 

もちろんその馬が早熟であるか晩成であるかによっても、調教法は変わってきます。そこで、成長度合いが早熟・晩成の競走馬の調教法を紹介していきます。

 

牧場長から早熟とコメントされた競走馬の場合

早熟

 

スピードがあるとコメントされてもG1級でないことも

2歳時にスピードがありますとコメントされた馬が、皆同じスピード能力を持っているかというと、それは違います。

 

牧場長のコメントは、スピード値がある基準を超えている場合に出されるようになっていて、馬によってそのMAX値は異なる。

 

ぎりぎり水準に達している馬もいれば、G1級のスピード能力を備えている馬もいるわけです。こればかりは実際にレースに出走させて、自分の目で確かめるしかありません。

 

早い時期にスピードをMAX値まで鍛えぬく

早熟馬の場合、早い時期に全ての能力がピークに達する。スピードもその時期にピークになるように調教していくのがベスト。

 

短い調教期間の中で、スピードとその他の能力を平行して鍛えてやらねばなりません。ハード調教による故障には気を付けておくところ。

 

スタミナが乏しい場合があるので、ダート・ウッドで調教

2歳時に早熟のコメントが出なかった馬は、得てしてスタミナがない場合が多い。

 

こういう馬の場合、スピードをさらに伸ばしてやるよりも先に、最低限のスタミナをつけてやらなくてはレースには勝てません。

 

ダートやウッドを使って鍛え抜きましょう。

 

デビューが遅くなるとコメントされた場合

晩成

 

時が経てば自然とスピードは上がる

2歳時に晩成コメントが出た馬は、遅咲きの馬です。基本的には新馬戦での活躍はなく、すぐに活躍はしてくれません。

 

だいたい3歳後半辺りからの活躍となるのが普通の様で、その辺から飛躍的に能力が伸びていきます。また、2歳児のスピードコメントも出にくく、1歳までの売値も低いので、能力がないようにみられてしまいがちです。

 

しかし、晩成は古馬で活躍するので、そこを良く考えて育てていきましょう。

 

スピード不足で未勝利を勝ち上れるようにスピード強化

晩成馬が、新馬戦をいきなり勝つことはほとんどありません。なので、狙い目は未勝利戦だが、成長が遅くスピードが伸びない。

 

そこで、開花しない素質をスピード調教で補って、未勝利脱出を目指しましょう。

 

将来を見据えて長距離向けの体に仕上げる

なぜか晩成馬は長距離として育つ傾向があります。早熟馬と違い、長く競走馬として走るので、スタミナがかなり増えるのです。

 

それでも、前々から長距離レースにならしておく事を、忘れないようにしてください。

【3回に1回 3連単が当たるデータを配信中】

ダビマス 早熟・晩成の調教法

>>くわしくはこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ