ダビマス 売却値と能力の関係

ダビマス 売却のタイミング

【完全無料!唯一無二の高額配当3連単】

一撃帝王

>>>くわしくはこちら<<<

ダビマス 売却のタイミンング 能力との関係

剛ダビマスの競走馬の売却のタイミングと、価格について説明していきます。

 

ダビマス 競走馬の売却

ダビマスでは厩舎の数が決まっており、育成できる競走馬には限界があります。そこで考えるのが競争馬の引退と売却です。成長の見込みがない馬、ピークを過ぎた馬は「売却」をすることになります。

 

 

sale 

売却のタイミング

成長が見込めない馬は入厩前から売るべきです。しかし全ての産駒に馬体解析をしていたのでは、資金がいくらあっても足りません。期待できる馬のみ解析にかけましょう。4歳~6歳のピークが最も高く売れるタイミングです。

 

見極めるタイミング

目安としては9月の1週目~10月4週目までにスピードがD以下の場合は目が出ない競走馬と判断して良いでしょう。

 

売却の目安

9月の1週目~10月4週目までにスピードがD以下

 

資金が足りない

馬体解析にかけられない場合は、種牡馬の成長タイプで判断をしましょう。牧場長のコメントもチェックしましょう。また、時間はかかりますが育成させて売るパターンが最も資金を稼げます。

 

競走馬のピークの年齢

競走馬として出走できるのが3歳~12歳。ピークは4~6歳です。よってピークの年齢が最も値段が高く付きます

 

入厩前の能力の価格差

入厩前の仔馬および産駒の売却価格と能力には関係ありません。種牡馬のレア度や血統によって価格差はあります。

 

 

売却価格=強さではない

従来のダビスタでは売却価格が馬体の強さを表していましたが、ダビマスでは違うようです。ほぼ同じ能力でも売却額に差が出るので、必ずしも能力と売却価格は比例しません。

 


 


 

【3回に1回 3連単が当たるデータを配信中】

ダビマス 売却のタイミング

>>くわしくはこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ